アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ニコラス・ケイジ」のブログ記事

みんなの「ニコラス・ケイジ」ブログ

タイトル 日 時
映画「ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄」チラシ
映画「ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄」チラシ ニコラス・ケイジ主演で贈る、ハロウィンをテーマにしたサスペンス・ホラー。ハロウィンのお祭り騒ぎの裏に秘められたダークな物語を描く絶叫エンタテインメントです。 ニューヨークに暮らす一家の幼いひとり息子が、ハロウィンの夜、謎めいたひとことを残して失踪する。必死に行方を探す父親を阻む、身の毛もよだつ超常現象! 果たしてこれは悪霊の成せる業なのか...? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/21 13:55
映画「コンテンダー」チラシ
映画「コンテンダー」チラシ 「リービング・ラスベガス」のニコラス・ケイジ主演のサスペンス。 セックス・スキャンダルで失脚した政治家が再起を賭けた闘いに挑む社会派ドラマです。 監督・脚本は、『ウォッチャーズ』のプロデューサーで、本作が初監督のオースティン・スターク。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/25 10:04
映画「レフト・ビハインド」チラシ
映画「レフト・ビハインド」チラシ 原作のシリーズ累計6500万部を超える大ベストセラーの映画化で、謎の大量失踪事件に端を発する世界の危機を壮大なスケールで描いたパニック・アクション。 突如数百万もの人々が忽然と消え、世界中に混乱が広がる様子を壮大なスケールで描いた作品で、ニコラス・ケイジが、危機に瀕しながらも乗客の命を救おうとするパイロットを演じます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/25 01:39
映画「ラスト・リベンジ」チラシ
映画「ラスト・リベンジ」チラシ ニコラス・ケイジのCIAベテラン捜査官が、22年前に自分を監禁・拷問したテロリストに復讐をするサスペンス・アクション。 伝説の英雄CIAのベテラン捜査官が、22年前に自分を監禁・拷問したテロリストに復讐を誓う。合衆国存亡の危機を救うため自らの過去の精算を果たすため、運命を賭けた最後の闘い(ラスト・リベンジ)に立ち上がる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/30 01:10
映画「トカレフ」チラシ
映画「トカレフ」チラシ ソビエト製の拳銃「トカレフ(TT-33)」によって何者かに娘を殺害された父親の復讐劇を描くハイエッジのサスペンスアクション。 愛する娘を殺され復讐を誓い狂気の鬼と化す主人公・ポールを演じるのは、ハリウッドの大ヒットメーカー、ニコラス・ケイジ。コントロールのきかなくなった怒りを見事に体現し、「無敵の父親」と称される『96時間』シリーズのリーアム・ニーソンを彷彿とさせる、ハードかつ容赦ないアクションを遺憾なく見せつける作品となっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/07 01:12
映画「ゴーストライダー2」チラシ
映画「ゴーストライダー2」チラシ 地獄の炎に包まれたバイク(ヘルバイク)に乗って、悪と戦う伝説のヒーロー「ゴーストライダー」。燃え盛る炎に包まれたドクロの頭部を持つバイク乗りの姿をしたダークヒーロー。マーベル・コミックの超人気キャラクターを映画化した超大作『ゴーストライダー』(07)の待望の続編です。 本作の最大の特徴は、ゴーストライダーが主人公ジョニー・ブレイズとは別人格であるということ。この内面に巣食うダークヒーロー像をニコラス・ケイジが狂気の熱演、人間と悪魔の二役を瞬時に演じ分ける様は圧巻。今回のゴーストライダーの愛車は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/04 12:13
映画「ゲットバック」チラシ
映画「ゲットバック」チラシ 大ヒットサスペンス・アクション『コン・エアー』の主演ニコラス・ケイジ&監督サイモン・ウェストの最強コンビがついに復活! ニコラス・ケイジ演じる銀行強盗ウィルの仲間役に『J・エドガー』のジョシュ・ルーカス、恋人役に『キリング・ショット』のマリン・アッカーマン、ウィルを追うFBI捜査官に『タイタンの逆襲』のダニー・ヒューストン。そしてウィルの娘役にいま最も注目を集める実力派ティーン女優サミ・ゲイルが演じます。ハリウッド大スターのニコラス・ケイジ主演、アクション映画の巨匠サイモン・ウェスト監督による... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/08 03:31
映画「ドライブ・アングリー」チラシ
映画「ドライブ・アングリー」チラシ ハリウッドのトップスター、ニコラス・ケイジが初の本格的3Dアクションに挑戦! 彼が演じるのは、カルト教団に愛する家族を奪われ、復讐の旅を続ける男、ジョン・ミルトン。FBIを名乗る謎の追跡者、そんな旅に巻き込まれるウェイトレスのパイパー、さらには警官やカルト教団も加わり、戦いは過激度を増していく...。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/19 13:02
映画「デビルクエスト」チラシ
映画「デビルクエスト」チラシ 『60セカンズ』から11年ぶりにタッグを組んだニコラス・ケイジとドミニク・セナ監督。ニコラス・ケイジは数ヶ月にわたるトレーニングを受け、最強の騎士・ベイメン役に挑戦しています。 14世紀のヨーロッパを舞台に、勇者たちの冒険と闘いを壮大に描いたアクション・アドベンチャー大作です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/07/04 14:02
TV「スマステ!!月イチゴローランキング2」お正月
TV「スマステ!!月イチゴローランキング2」お正月 スマステ!!月イチゴロー ランキング2011.1.22 イナガキ ベスト5(第2位) 映画「キック・アス」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/23 09:16
映画「魔法使いの弟子」チラシ
映画「魔法使いの弟子」チラシ 800年の時を超えて甦る、史上最悪の魔法使い... 「闇の魔法」に包まれる、大都会・ニューヨーク... その恐ろしい計画を阻止するため、「善なる魔法使い」によってリクルートされたのは、一人の物理オタクの青年だった...。 いま、ニューヨークを舞台にした「魔法大戦争」が始まる! どこから見てもヒーローっぽくない主人公・デイヴと、どこから見てもうさんくさい魔法使い・バルサザールの奇妙で愉快な師弟関係。そんな彼らが立ち向かうのは、妖艶で卑劣な魔法使い・モルガナを始めとする邪悪な魔法使いたちだっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/21 09:23
映画「バッド・ルーテナント」チラシ
映画「バッド・ルーテナント」チラシ 1992年に狂気に充ちた映画『バッド・ルーテナント刑事とドラッグとキリスト』が巨匠アベル・フェラーラ監督、ハーヴェイ・カイテル主演で公開された。その暴力生と宗教描写から瞬く間に話題となったクライムサスペンスだ。 そして2009年、前作を上回る奇跡のコラボレーションにより本作が誕生した。監督を務めるのはニュー・ジャーマン・シネマの旗手、ヴェルナー・ヘルツォーク。カンヌ国際映画祭監督賞の受賞者で、日本でも絶大な人気を誇る鬼才が本作の主人公「バッド・ルーテナント(悪徳警部補)」に選んだのがオスカー男... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/03/26 08:30
映画「スパイアニマル Gフォース」チラシ
映画「スパイアニマル Gフォース」チラシ 巨大な悪による「世界滅亡」へのカウントダウン...。 立ち向かうのは、FBIの最強秘密兵器と噂され、超ハイテク・アイテムと、最強のチームワークを武器に戦う、特殊スパイ部隊「Gフォース」。その正体は、小さなモルモットたちだった...! もっともキュートで、もっともデンジャラスな、モルモット。世界「最小」にして、「最強」のスパイチーム「Gフォース」誕生! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/18 15:13
映画「マッチスティック・メン」パンフ
映画「マッチスティック・メン」パンフ 病的な潔癖症に悩む詐欺師のロイと、相棒のフランクは、ペテンで商売を営むパートナー同士として、上々の成果を上げていた。そんな2人の生活に現れた、ロイの娘だというアンジェラ。14歳になるアンジェラには、詐欺師としての隠れた才能があることが明らかに...。 リドリー・スコット監督を新ジャンルに挑戦させたのは「脚本」の素晴らしさだった。彼をして「完璧」と言わしめたその脚本は、『オーシャンズ11』のテッド・グリフィンとニコラス・グリフィンが手がけたものです。本作の最後にはどんでん返しの驚きが待っています... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/30 11:51
映画「ATOM〈アトム〉」チラシ
映画「ATOM〈アトム〉」チラシ 手塚治虫の代表作「鉄腕アトム」。手塚治虫生誕80周年のメモリアルイヤーである今年、この名作がフルCGアニメ『ATOM』として帰ってきた。これまで原作は3度TVアニメ化されてきたが、劇場用の新作長編映画は今回が初めて。それだけに、力の入った素晴らしい作品になっています。基本的な設定は原作と同じです。 事故で幼い息子・トビーを亡くした天才科学者・テンマ博士が、トビーそっくりのロボット「アトム」を開発。息子のように育てるが、生身の人間でないことに不満をつのらせ、ついには家から追い出してしまう。愛する... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 1

2009/09/05 08:33
映画「ノウイング」チラシ
映画「ノウイング」チラシ 『アイ, ロボット』のアレックス・プロヤス監督が描くディザスター・パニック超大作。 高速道路に墜落した1つの旅客機。もし、この事故が偶然なものでなかったとしたら...。今まで起きた大惨事、天変地異が起こったのは、全て必然だったとしたら...。 そして、未来に起きる出来事も、すでに決まっていたとしたら...。地球に何が起ころうとしているのか。我々は最後に何を「知る」のだろうか...? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/01 16:00
映画「バンコック・デンジャラス」チラシ
映画「バンコック・デンジャラス」チラシ 監督は、ジェシカ・アルバ主演でリメイクもされた大ヒット作『the EYE(アイ)』のパン兄弟で、彼らの才能を世に知らしめた名作『レイン』(原題/BANGKOK DANGEROUS)のセリフリメイクです。本作では設定を大胆に変更し、アクション要素をふんだんに使用しつつ、男の哀愁も描き出しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/02 12:27
映画「ネクスト」チラシ
映画「ネクスト」チラシ この作品の原作は『ブレード・ランナー』『トータル・リコール』『マイノリティ・リポート』等を書いたSF作家フィリップ・K・ディックによる短編「ゴールデン・マン」です。主演とプロデュースを務めるのは、ニコラス・ケイジ。共演は『ハンニバル』『めぐりあう時間たち』などで、4度アカデミー賞候補に上がったジュリアン・ムーアと、今最も注目される若手女優のジェシカ・ビール。さらに伝説の名優ピーター・フォークも脇役ながら深い演技を見せています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/22 17:21
映画「ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記」チラシ2
映画「ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記」チラシ2 「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ製作のブラッカイマーが、再びニコラス・ケイジの「ナショナル・トレジャー」の続編を作り上げた。歴史学者にしてトレジャーハンターのベン・ゲイツ。前作ではアメリカ独立宣言書に隠された暗号を解き、テンプル騎士団の秘宝にたどりついたベンとその仲間たちが、今度は世界中に散らばる過去からの「暗号」を解き、リンカー暗殺者の日記に隠された「世界を変える真実」に迫る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/11/22 10:12
映画情報「ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記」ニュース
映画情報「ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記」ニュース 今度の物語はゲイツ一族に「リンカーン大統領暗殺の真犯人」の汚名が着せられたことに始まる。それは、消えたリンカーン暗殺犯の日記に書かれた暗号を、ベンに解かせるために何者かによって仕掛けられた巧妙な罠だった――真相を追うゲイツはやがて、世界を支配するほどの莫大な富で人々をアメリカ新大陸へと引き寄せた、幻の《黄金都市》の存在にたどり着く。だが、彼らの前には、アメリカ歴代大統領のみが守り継いできた合衆国の「究極のタブー」が立ちはだかる...。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/02 06:02
映画「コレリ大尉のマンドリン」パンフ
映画「コレリ大尉のマンドリン」パンフ 苦難と悲しみの第二次大戦下にあって、人生を愛し続けた男がいた。その手には銃よりもマンドリンが似合った男。アントニオ・コレリ大尉のマンドリンは悲しくも美しい人生の讃歌を奏で、たとえどんなに悲惨な時代でも、人生は限りなく素晴らしいものだと知らしめるのだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/29 13:55
映画「ザ・ロック」パンフ
映画「ザ・ロック」パンフ アルカトラズ島、サンフランシスコ湾内の孤島は別名「ザ・ロック」と呼ばれていた。1963年まで脱獄不可能な刑務所として使われていたその島にテロリストが神経性毒ガス・ロケットを持ち込み、アメリカ政府に1億ドルの要求をしてきたのだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/16 16:42
映画「60セカンズ」パンフ
映画「60セカンズ」パンフ 限りなくスタイリッシュな興奮が駆け抜ける、60秒のエクスタシー。わずか24時間で50台もの高級車を狙うという壮大な計画。 メンフィスは60秒でいかなる車でも盗み出すと言われる伝説のエキスパート。痕跡ひとつ残さないスマートな手口はまさに「芸術」だった。その獲物は超高級車のポルシェ、ジャガー、フェラーリ、メルセデス・ベンツなどに限られ、最新の防犯システムも彼にはきかない。しかし、今度の仕事はメンフィスにとっても無謀な賭けだった。巨大な組織から弟を救うため、常識では不可能な仕事を請け負わざる得なかっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/03/24 19:17
映画「コン・エアー」チラシ
映画「コン・エアー」チラシ 「コン・エアー」とは、アメリカ連邦保安局の空輸隊であり、出廷、医療緊急事態、囚人護送などのために、毎年15万人を超える囚人の輸送を行っています。新聞記事でこのシステムに興味を持った新進脚本家のスコット・ローゼンバーグは実際にこの空輸機を取材して、本作品を書き上げたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/08 18:43
映画「ゴーストライダー」チラシ
映画「ゴーストライダー」チラシ 炎のバイクにまたがるその男。顔はバイク同様、地獄の炎につつまれ、しかもドクロ。彼は闇の力を身につけ、悪魔や極悪人を倒す。人はそれを「ゴーストライダー」と呼んでいた。 原作は「スパイダーマン」のマーベル・コミックで、クールでバッドなテイストで一大センセーショナルを巻き起こした伝説のアクション・ヒーローです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/04 09:41
映画「コン・エアー」パンフ
映画「コン・エアー」パンフ 「コン・エアー」とは、アメリカ連邦保安局の空輸隊であり、出廷、医療緊急事態、囚人護送などのために、毎年15万人を超える囚人の輸送を行っています。新聞記事でこのシステムに興味を持った新進脚本家のスコット・ローゼンバーグは実際にこの空輸機を取材して、本作品を書き上げたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/10 15:51
映画「コレリ大尉のマンドリン」チラシ
映画「コレリ大尉のマンドリン」チラシ 黒柳徹子とおすぎも絶賛の感動作です。 苦難と悲しみの第二次大戦下にあって、人生を愛し続けた男がいた。その手には銃よりもマンドリンが似合った男。アントニオ・コレリ大尉のマンドリンは悲しくも美しい人生の讃歌を奏で、たとえどんなに悲惨な時代でも人生は限りなく素晴らしいものだと知らしめるのだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/08 14:09
映画「ロード・オブ・ウォー」チラシ
映画「ロード・オブ・ウォー」チラシ 中東・西アフリカ・アジアなど、世界の紛争地域に現れ戦争を創造し、巨額の利益を手にする男たち。これまで誰も描かなかった武器売買というビジネスの実態を暴く問題作。作家であり、監督であるアンドリュー・ニコルが、現在でも活動を続けている実在の武器商人をモデルに創った作品です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/29 16:22
映画「コレリ大尉のマンドリン」パンフ
映画「コレリ大尉のマンドリン」パンフ 苦難と悲しみの第二次大戦下にあって、人生を愛し続けた男がいた。その手には銃よりもマンドリンが似合った男。アントニオ・コレリ大尉のマンドリンは悲しくも美しい人生の讃歌を奏で、たとえどんなに悲惨な時代でも、人生は限りなく素晴らしいものだと知らしめるのだった。 第二次大戦下のギリシャ・ケファロニア島のイオニア海に浮かぶこの美しい島で、当時どのような悲劇が繰り広げられたのか、この映画によってそれを初めて知ることになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/20 13:09
映画「ワールド・トレード・センター」チラシ
映画「ワールド・トレード・センター」チラシ 2001年9月11日。私たちがテレビ画面に釘付けになった、あの日。 私たちが知り得なかった、必死になって生きようと、そして助けようとした、素晴らしい人間の姿があったのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/07 08:31

トップへ | みんなの「ニコラス・ケイジ」ブログ

映画スター★映画パンフ ニコラス・ケイジのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる