アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「宮沢りえ」のブログ記事

みんなの「宮沢りえ」ブログ

タイトル 日 時
映画「湯を沸かすほどの熱い愛」チラシ
映画「湯を沸かすほどの熱い愛」チラシ 「死にゆく母と、遺される家族が紡ぎだす愛」という普遍的なテーマを、想像できない展開とラストにより、驚きの感動の詰まった物語に昇華させた作品。 宮沢りえが家族を大きな愛で包み込む母親を、オダギリジョーがその夫を、杉咲花が娘を演じる家族の愛の物語です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/10 08:53
映画「紙の月」チラシ
映画「紙の月」チラシ 第25回柴田錬三郎賞を受賞した直木賞作家、角田光代の長編小説「紙の月」の映画化で、監督は『桐島、部活やめるってよ』の鬼才、吉田大八です。 契約社員として銀行で働く平凡な主婦が、年下の大学生との出会いを機に、金銭感覚をマヒさせていき、やがて巨額の横領事件を引き起こすというサスペンス・ドラマです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/12 01:54
映画「魔女の宅急便(実写版)」チラシ2
映画「魔女の宅急便(実写版)」チラシ2 世界で最も愛される小さな魔女の物語、ついに実写で映画化! 魔女の間では、13歳になったとき、一人前の魔女となるために見知らぬ町で1年間暮らすという決まりがあった。魔女の母親と普通の人間の父親との間に生まれたキキはこの決まりに従い、黒猫のジジを連れて親元を離れる。 やがて辿り着いた海辺の町「コリコ」でキキを待ち受けていたのは、パン屋の女将・おソノや、空を飛ぶことを夢見る少年・とんぼら、個性豊かな住人たち。 キキはおソノのもとに居候し、お届けもの屋「魔女の宅急便」を始めるのだが...。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/04 04:01
映画「オーシャンズ」チラシ2
映画「オーシャンズ」チラシ2 最新機材を抱え、世界中に散らばった超一級のカメラマンたち。彼らは、奇跡の一瞬に出会うために飽くなき努力を重ね、信じがたい時間を待ち続けた。ザトウクジラの群れによる狩りは船上で18週間、世界の終末かと思うほどの「完璧な嵐」を捉えるのには3年を費やし、さらには前人未到の北極の地で終わりのない長期キャンプも敢行。有人潜水艦の限界に迫る18,000フィートの深海での撮影にも挑戦しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/21 07:01
映画「ゼラチン シルバー LOVE」チラシ
映画「ゼラチン シルバー LOVE」チラシ ショーン・コネリー、キース・リチャーズ、矢沢永吉、井上陽水、北野武、渡辺謙ら日本をはじめ世界の各界著名人から絶大な信頼を得ている写真家・操上和美。操上は、人間が肉体の奥底から放出するエネルギーを空気感、重量感をもって1枚の写真に焼き付け、被写体、見るものを魅了してきた。そんな彼女が、1枚の写真ではなく、90分のフィルムに焼き付けたのは、本能と性〈さが〉に翻弄された純粋でエロティックな男と女の姿だった...。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/21 12:14
映画「オリヲン座からの招待状」チラシ2
映画「オリヲン座からの招待状」チラシ2 さて突然ではございますが、昭和二十五年の開館以来半世紀以上にわたって、地元の皆様に愛され親しまれて参りました当オリヲン座は、誠に勝手ながら今秋を持ちまして閉館いたすことと相成りました。つきましては謝恩最終興行を開催いたしますので、どなた様もご多忙中とは存じますが万象お繰り合わせのうえ来館賜りますようお願い申し上げます。 原作は、国民的人気作家である浅田次郎氏の「オリヲン座からの招待状」。長く映画化を待ち望まれていた感動作が、やっと誕生しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/10/30 17:33
映画「花よりもなほ」チラシ2
映画「花よりもなほ」チラシ2 口上/時は元禄15年、今をさかのぼること300年。仇討ちに藩が賞金を出していた時代。父親の仇討ちのために信州松本から江戸に出て来た宗左衛門だが、実はこの男、剣の腕はからっきし立たぬときた。貧しいながらも人情あふるる長屋で半年暮らすうち、あろうことか「仇討ちしない人生」もあると思ってしまった。さて宗左衛門は仇討ちするんだか、しないんだか、それは観てのお楽しみ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/30 14:41
映画「たそがれ清兵衛」チラシ
映画「たそがれ清兵衛」チラシ 山田洋次監督が初めて挑んだ本格時代劇の第一弾。 この作品の最大の見せ場はクライマックスの殺陣シーン。山田洋次監督は偽物ではない本当の斬り合いを目指した。そのため殺陣師に加えて剣術師範(小太刀指導)を招き、一週間以上かけてリアリティに充ちた殺陣シーンの撮影を行ったのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/30 11:28
映画「たそがれ清兵衛」チラシ
映画「たそがれ清兵衛」チラシ 山田洋次監督が初めて挑んだ本格時代劇の第一弾。 この作品の最大の見せ場はクライマックスの殺陣シーン。山田洋次監督は偽物ではない本当の斬り合いを目指した。そのため殺陣師に加えて剣術師範(小太刀指導)を招き、一週間以上かけてリアリティに充ちた殺陣シーンの撮影を行ったのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/23 14:39

トップへ | みんなの「宮沢りえ」ブログ

映画スター★映画パンフ 宮沢りえのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる